ずの部屋

たまにVJをやっている人がVDMXとかQCについてきままに書くところ

VDMXからMIDIを飛ばしてV-1HDを操作してみよう

0. はじめに

久々になんか書こうかな、、、と思い至りましたので書きます

 

で、今回何書こうかと

 

QCのパッチの説明とか、VDMXのプラグインの使い方とか書けそうなネタはあるんですが、最近V-1HDという財布が涼しくなる買い物(知らない人はググってください)をしたのでそれに関するネタを書こうと思います。

 

内容はタイトルの通りで、手元に

・V-1HD(VJミキサー)

・VDMX(VJソフト)

・USB MIDI I/F(https://www.roland.com/jp/products/um-one/

があったので、

 

[V-1HD]<----(MIDI I/F)---->[PC(VDMX)] って感じで

「VDMXからMIDI信号飛ばしてV-1HD操作できるようにしたろ!」

 

となった結果が今回のタイトルとなります。

 

※今回は上記の環境で進めていきますが、MIDI IN/OUTのある機材や、MIDIを送信できるソフトがあれば同じような事ができるんじゃないかなと思います。

 

 

1. VDMXからMIDI信号を送ろう

まず手始めに「VDMXからMIDI信号ってどうやって送るの?」ってところを軽く説明したいと思います。

 

みんな大好きVDMXを起動します

f:id:zukutya:20170524234843p:plain

 

Workspace Inspector > Plugins > 「+マーク」からControl Surfaceを追加し、

Control Surface Options > 「+マーク」からButtonを選択

f:id:zukutya:20170524235114p:plain

 

するとControl SurfaceにButtonが出来ます

f:id:zukutya:20170524235330p:plain

 

今さらっと使ったControl Surfaceは、自分で好きなUIを作成してボタンとかを配置して使用できるなかなか実用的かつ楽しいやつなんですが、今回は解説を割愛させていただきます。

 

Yuichiさんが以下の記事でControl Surfaceの説明をしているので、参考にどうぞ。

saikuro0526.hatenablog.com

 

ボタンが出来たら、UI Inspectorが開いていると思うので、Sendingタブをクリックします

UI Inspectorが出てない時は「Command + 2」とかで出るはずです

f:id:zukutya:20170524235759p:plain

VDMXを使用している人は、MIDIコントローラーのマッピングなどでReceivingよく使っているかと思います。

要は、逆にVDMXから何かを操作する時はSendingを使いますよ、ということですね。

 

ここまできたら、<Not Selected>となっている部分をクリックして、「MIDI」を選択します。

 

MIDIを選択すると以下の様になるかと思います。

MIDI Senderというところで送るMIDIの内容を決めて、UM-ONE-UM-ONE(MIDI I/Fのこと)に送りますよーという感じです。

今回はMIDI I/Fの先にV-1HDが繋がっているので、ここで作成したMIDIはI/Fを通してV-1HDに送られます。

f:id:zukutya:20170525000153p:plain

 

2.V-1HDに対応したMIDIを調べる

MIDIをV-1HDに送れるようになったので、あとはV-1HDにさせたい操作はどんなMIDIを送ればよいのかな??となります

 

公式(https://proav.roland.com/global/support/by_product/v-1hd/owners_manuals/)に各ボタンや操作に対応するMIDIはこうなってますよ的な説明書があるのですが、読んでも僕はさっぱりわかりません(わかる人はわかるのかもしれませんが)

 

じゃあどうすれば良いの????MIDIのお勉強するしかない????

 

そんな事は必要なくて、

 

偉大なるVDMXさんはコントローラーからどんな信号がきてるか表示させるプラグインをお持ちになっているんです、すごい!

知っている人は知っていると思いますが、僕は最近これを知って感動しました。

 

それがこちら「Comm Display

同じく Workspace Inspector > Pluginsから作れます。

f:id:zukutya:20170525001949p:plain

 

Typeで「MIDI」を選択して、V-1HDのボタンを一回叩いてみます。

今回は TRANSFORMERボタンを叩いてみました。

すると以下の様な表示が出てきます。

f:id:zukutya:20170525002118p:plain

一回叩いただけなのに2行分出力されているのは、今回叩いたボタンの

 「ボタンが押されている状態」と「ボタンが押されていない状態」

が返却されているからです。

上の画像では、

「あなたが叩いたボタンは、

  ch.0, ctrl.21, val.127 が押されている状態で、

  ch.0, ctrl.21, val.0 が押されていない状態だよ

という意味になります。

逆に考えると、「ch.0, ctrl.21, val.127」をVDMXから送信すれば、ボタンを叩いたのと同様の処理をV-1HDがしてくれるというわけです。

 

コントローラー側を操作してもComm Displayに何も表示されない場合は、コントローラー側でMIDIを送信する設定になっていないなどの理由がありますので、取扱説明書などで設定の確認を推奨します。下で述べる受信についても同様です。

 

3.V-1HDにMIDIを送る

ここまで来てしまえばもうこっちのものです。

 

1.と2.より、

Control Surface上のButtonが押された時に「ch.0, ctrl.21, val.127」がV-1HDに送信される様にしてみます。

 

先ほどのMIDI Senderにて、

Control Numberctrl

Channelch

に対応していますので、それぞれの値を以下の様に設定します。

フェーダーに信号を送る時などはvalの値も考える必要があるのですが、ボタンを押した際はval.127となるので今回は省略します。

f:id:zukutya:20170525003108p:plain

 

これで設定は終わりです!

Control Surface上のボタンを押してみて、V-1HDのボタンを押した時の処理がされていれば成功になります、お疲れ様でした!

 

4.まとめ

特にまとめることもないのですが、自分なりにVDMXからV-1HDなどを操作する利点と欠点を並べてみます。

 

利点

・複数VJがいる現場などでは手元から離れたところに置かれがちのVJミキサーなどを手元で操作できる様になる

・VJミキサーのエフェクトなどをPC側から操作する様にすれば、VJソフトでエフェクトをかけるよりPCへの負担が少ない(多分)

 

欠点

MIDI I/FをPCに接続するためのUSBポートが1つ必要

・VJソフト上で思わぬMIDIの発行、競合によって最終出力に近い位置にあるVJミキサーの挙動がおかしくなる可能性(限りなく小さいとは思いますが、、、)

 

以上になります。個人的には現場でも実用性のあるレベルでVJプレイングの幅が広がると思っているので、今後も色々調べていこうかと思っています。

 

今回は以上になります。ここまで読んでくださった方、ありがとうございました。

 

zukutya

Twitter@zukutya

QC内のパラメータをVJソフトから弄る方法

**はじめに**

QCとかに関するブログ書くぞ〜〜〜ってとりあえず立ち上げたのは良かったけど半年放置してた。。。

2017年からはぼちぼち色々なことを書いていければなぁ、、、と思います

 

というわけで

 

記念すべき初QC記事を書きます

 

2016年の年末に知り合いのVJさん達4人集まってゲームしながら技術共有とかワイワイやってた時に、

QC内のパラメータをVJソフトから弄る方法を説明したら思ったより良い反応があったのでここにまとめたいなと思います。

 

僕は主にVDMXを使っているのですが、多少の動作の違いはあれどresolumeやcogeでも動くらしいのでVDMXユーザ以外の方も是非参考にしていただければ嬉しいです。

 

**本題**

 

では、今回はVDMX側で好きな文字列を入力して表示させるやつを作ろうと思います。

まずQCを立ち上げます

 

f:id:zukutya:20170107222149p:plain

 

次にSpriteパッチを配置。Billboardでも良いですが基本Spriteの方が良いと思います。

f:id:zukutya:20170107222437p:plain

 

文字列を扱いたいのでImage With Stringを配置

f:id:zukutya:20170107222510p:plain

 

Image With Stringパッチの[Image]をSpriteの[Image]に繋げれば、Image With Stringパッチの[String]に入力されている文字列が表示されます。

(アス比調節のためにDisplay Width/Heightも繋いでます)

f:id:zukutya:20170107222615p:plain

 

Image With Stringパッチを右クリック>Insert Input Splitter>Stringを選択するとStringの部分が外に出ます。

f:id:zukutya:20170107222907p:plainf:id:zukutya:20170107223109p:plain

 

外に出たStringを右クリック>Publish inputs>Inputを選択します。

文字列を入力する部分は何でも良いです。

f:id:zukutya:20170107223206p:plain

f:id:zukutya:20170107223427p:plain

 

Stringの左側の丸が緑色になったかと思います。

QCパッチ作成はこれで終わりなので保存します。

 

VDMXを立ち上げ、先ほど作成したパッチを動画と同じように取り込みます。

 

ちゃんとHello World!と表示されています。

f:id:zukutya:20170107223638p:plain

 

Layer 1 Srcというところ(普段は動画の情報とかが表示される場所)に「Hello World!」という文字列が見えますね。

ここを編集すれば表示も変わります。

f:id:zukutya:20170107223847p:plain

 

これで完成です。すごい!簡単!!

 

あとはQC側で動きをつけるなり、ソフト側でエフェクトかけるなり、煮るなり焼くなりって感じです。

 

ちなみに、もちろんパラメータにも色々種類があります。

先ほど外に出したStringを選択した状態でcommand + 2を押してSettingを開きます。

f:id:zukutya:20170107224117p:plain

 

ここでパラメータの種類を選ぶことが出来ます。

それぞれ簡単に説明すると、

 

Boolean・・・trueとfalseの2つの値を受け渡す

ソフト側ではボタンが表示されます。押すとtrue(1)で押していない時はfalse(0)を送ります。

f:id:zukutya:20170107224228p:plainf:id:zukutya:20170107224344p:plain

 

Index・・・整数を受け渡す

整数を選ぶ形になります。Limitedを選ぶと選択できる値の範囲を決められます。Labeled Indicesはわかりません。誰か教えて。

f:id:zukutya:20170107224519p:plainf:id:zukutya:20170107224601p:plain

 

Number・・・数値を受け渡す

Minimal ValueとMaximal Valueで値の範囲を決めます。

ソフト側では良く見る感じのアレになります。

f:id:zukutya:20170107224823p:plainf:id:zukutya:20170107224900p:plain

 

String、Boolean、Index、Numberあたりがよく使うところでしょうか。

一応その他についても軽く触れておくと、

 

Color・・・RGBAの4つの値を受け渡す

Structure型で送るのでQC側でStructureの処理が必要。

f:id:zukutya:20170107225210p:plain

 

Image・・・画像を受け渡す

レイヤーやアウトプットを画像として使えます。

個人的には使いこなせれば一番面白いと思ってます。

実は動画もいけるからすごい。PCが悲鳴あげるけど

f:id:zukutya:20170107225412p:plain

 

他のStructure、Mesh、Interactionは使ったことないのでどんな感じかわかりません。Meshあたりは使いこなせたら強くなれそうな感じがする。

わかる方いましたら教えてください(切実)

 

**まとめ**

QCで作ったパッチの値をVJソフト側で弄れるからリアルタイムな表現ができる!!!

と思ってます。思います。頑張ろう。頑張りたい。

 

以上になります。ここまで読んでくださった方、ありがとうございます。

冒頭でも述べましたが今年はちょこちょこQCに限らず色々書いていけたらいいな・・・と思っております。頑張ります。

 

 

 

出演予定(適宜更新)

  • 今後の出演予定(5/24更新)

現在公開されている今後出演させていただくイベントになります。

 

モグラキ県 ~大洗の奇跡~ #モグラキ県 #県パ(VJ)

DATE:2016/06/03(FRI)

@秋葉原MOGRA

TIME:23:00-

Hashtag:#モグラキ県

tweetvite.com

 

Uppertribe -with new face- vol.02(VJ)

DATE:2016/06/05(SUN)

@中野Heavysick ZERO

TIME:14:00-20:00

Hashtag:#uppertribewnf2

tweetvite.com

  

Unexpected Downpour 05(VJ)

DATE:2016/06/11(SAT)

@中野Heavysick ZERO

TIME:14:00-20:00

Hashtag:#UnDo05

tweetvite.com

 

遊会5(VJ)

DATE:2016/06/18(SAT)

@中野Heavysick ZERO

TIME:14:00-20:00

Hashtag:#遊会5

http://shorz.web.fc2.com/event/susabie5.html

 

Burnin' The Floor -6th Floor-

DATE:2016/10/15(SAT)

@Club selecta

TIME:12:30-

Hashtag:#B_T_F

twipla.jp

このブログについて

はじめまして、zukutya(ずくちゃ)といいます。

会社勤めしながら週末はたまーにクラブイベントでVJをしております。(ごく稀にDJもします)

クラブイベントは音ゲーやアニソンから入りましたが、ジャンルとしてはHardcoreやglitch hop、Tech Danceなどが好きです。

 

VJは主にVDMXとQuartz Composerを使って色々やっているのですが、いい加減残しておきたい豆知識とか、出演させていただいたイベントの情報などを残そうと考えまして、当ブログを開設するに至りました。

 

まだどんな感じでやるか全く考えていないのでゆるーくやっていこうと考えていますが、VJに興味ある方や、VDMXやQuartz Composer(特にQuartz Composer)についてちょこちょこ発信していきたいと考えていますのでどうぞよろしくお願いいたします。